小さな、でも固い決意-7月4日夜-




何となくは気づいてたけど、やはり世界は思った以上に複雑で、どろどろしていて、様々なものが交錯しているリアルなものであることを、もう少し明確なカタチで認識した。

さまざまなものがそれぞれの思惑の元で、それぞれの世界の中で動いていて、誰もその全体を俯瞰していない。自らの思惑のままに動いている。そんなものが複雑に絡み合っている世界。そもそも世界は一人の視点で俯瞰できるほどシンプルなものではないのだけれど。


自分なりに世界を描いていた。もちろん、予想はしていたものの、その描かれた世界の空にはピキキと微かにひびが入り、その世界の外側を取り巻くものを見てしまった。


たぶん、こういったことは、これまでも起こったことがあるし、これからも起こると思う。

でも、きっと、今まで描いていた世界の外にどんな別の世界が見えても、また、自分の前に現われる世界がどんなに複雑であっても自分は変わらないし、自分に対して素直に(faithfulに)、自分のインスピレーションを大切に、いままでどおり目の前に現われる世界に向き合っていこう、そういったささやかな決意を固めた金曜の夜。
[PR]
by sipoftip | 2008-07-05 03:55 | キャリア/コトバ/ロールモデル


<< 災害の経済学-7月9日- 深夜の紳士と底抜けの明るさ+フ... >>