タグ:計画された偶然性 ( 1 ) タグの人気記事

Planned Happenstance Theory(計画された偶然性理論)の効用とジャパニーズスルメ-1月26日-




Planned Happenstance Theory(計画された偶然性)という考え方がある(プランドハプンスタンス、と読む。)。

これは、スタンフォードの心理学のクランボルツ教授によって提唱された考え方。

思い切って概略する。

かつてのキャリアカウンセリングの業界では「ヴィジョンが見えていないとは自分が分かっていないことだし、そんな相談者はちょっと問題じゃ。どちらかというとカウンセリングの問題児じゃ!みなさん天職・ドリームジョブに向かって進むべし。」という意見が主流だった。

でも、そこで「でもさー、よく見てみると、成功している人のキャリアの積み上げ方を見ていると意外に天職を目指していた人って少なくない?どんなに精密にキャリアカウンセリングをやっても、その後に目の前に降りかかる偶然性に左右されているし。だから、天職を設定して、それにどうやってたどり着くかの目標までのルート設定するっていうカウンセリングだと、あんまし偶然性に対応できないんじゃん!?偶然性にどう備えればよいかというのもカウンセリングの重要な要素として取り入れるべきじゃ。」

という口調でいったかどうかはともかく(・・)、要するに、「一定の明確な目標に向かってどうやって進ばよいか」というアプローチが合わない人もいるし、「はっきりとやりたいことが見えていない」人のマインドを否定するんじゃなくて、それに応じて各人をエンパワーしましょ、という発想。

でも、「何やりたいか分からなーい」と言っているだけではだめで、次の要素が重要とされる。

①好奇心(Curiosity):新しい学習機会の模索
②持続性(Persistence):めげない努力
③柔軟性(Flexibility):スタンス、状況を変えていく。
④楽観主義(Optimism):新しい機会を「実現可能」と捉える
⑤リスクテーキング:予想できない結果に対してリスクテークする



振り返ってみると、結構、色々な偶然性に左右されつつ生きてきた気がする。

でも、自分の場合、全く前に偶然に左右されてきたわけではなくて、かなり昔から自分のバックボーンにあるものは変わらない。きっとこれを人は信念(principle)といったりするのかもしれない。但し、好奇心だけは少年並み!?(苦笑)な気もするし、実際に自分のバックボーンにあるものを世の中とどうつなげるかという点でかなりオープンだと思う。だから、きっと自分はSemi Planned Happenstance的な人間なのかもしれないが、どうなのだろーか(・・)。





とまあここまでくると、やっぱ、Planned Happenstanceだよねー、うんうん、さすがクランボルツ、さすがスタンフォード、と言って終わりたいところだが、そうもいかない。


自分のキャリアの進め方はPlanned Happenstanceだし、考え方にもほぼ全面的に賛成なのだが、一つ落とし穴!?があると思う。


自分をどう「タグ」するのか、という関係で訴求性が弱いのだ。


だって、「ぼやっとした、でも確たる何か」があるけれど、それが何かはよく分からない、でも、今ある興味に沿って、偶然的な事象が現われたら、それを高いチャンスでものにするために普段から準備しましょ、というのがPlanned Happenstanceの基本的な発想だと思う。

そして、実際、興味あることに日々近づこうとしている人は、(何もしていないより)遥かに高い確率でそれに遭遇し、そして、それをものにする。これは本当だろう。

だけど、目の前に偶然が現われたとき、それを昔から明確なヴィジョンとして掲げていた人と、Planned Happenstanceな感じでそれに飛びつく人と、どちらが強い情熱を示せるだろうか。

Planned Happenstanceの中の「柔軟性」というのは、「目の前に実際に現われた偶然じゃないといけない。あなただけよ。」という強い意志を示さなければいけない場合にマイナスに作用しうる。

だから、たとえ、自分の中の本当のストーリーとしてはPlanned Happenstanceだとしても、目の前に現われた偶然のチャンスをものにするには、あたかもそれが「昔から明確に目指してきた目標」かのごとく振舞うべきなんじゃないか。

自分をタグするとかプレゼンするとかそういったレベルにおいて、Planned Happenstanceな自分をどういった形でプレゼンしていくのがいいか。キャリア理論という自分と向き合う場面で有効なフレームワークが別の場面であまりよく機能しない。そんなこともあるのだ。


ちょっと思うところが去年あったので、あえて他の人とは別の観点からPlanned Happenstance理論を洗ってみました。

でも、個人的にはすっごく好きな考え方です。





これについては割とよく読むブログに関連記事があるので参照しておきます♪

①「Planned Happenstance」
http://hbslife.exblog.jp/3557754/

②「続・キャリアを考える」
http://nedwlt.exblog.jp/6744824/


↓全く関係ないけれど、ジャパニーズ・スルメ、すげー美味しそうだっ。日本の文化って感じです。

e0117054_1324435.jpg

[PR]
by sipoftip | 2009-01-27 02:24 | キャリア/コトバ/ロールモデル