タグ:スペイン ( 4 ) タグの人気記事

スペイン逃亡記(最終回)~そこは決して楽園ではない~



ずっとずるずると更新してきたスペイン逃亡記ですが、(一応)
諸般の事情より、今回を一応の最後回とします(*1)。

(*)但し、折を見て写真をほかのエントリに流用するかも知れません。また、突然思い出したエピソードを載せるかもしれません。
なお、以前のエントリ、携帯とクレジットカードが破綻したと書きましたが、今度はノートPC破綻→ノートPC内のIpodその他のインストールしたものも全てアプリケーションが死亡するという状況に追い込まれております。そう、物事は、ときとして理由が必ずしも明らかでないまま破綻するのです。破綻したという事実だけは皮肉なほどに明らかなのに(・・;)


●スペインのパラダイス的イメージ

行く前は、イタリアと並ぶラテンの国でありすごく陽気な国だと思っていました。すごーくアーティスティックな人やほんの一握りのエリートを除いては、みんな「アモーレ・モンジャーレ・カンターレ」(注:愛し、食べ、歌う)しか考えずに生きているんじゃないか、と思ってました(すごーいステレオタイプですが。)

だから、「ひょっとしてひょっとするとスペインとか留学して、そのまま仕事見つけて数年住んでみてもいいかなー」とか密かに思っており、その調査?という意味もありました。実は。

例えば、朝9時位から働き、昼にはゆっくりとランチを食べ、夕方に仕事を終えたらビーチでサッカーをして夜はバーやクラブに飲みに行く。スペインの情熱的な夜を過ごす。そして、もうちょっとゆっくりしたいときは、古い町並みのカフェで物思いに耽ったり、読書をしたり、書き物をする。古き文化を日々感じながら生活する、そんな生活です。

フィジーやタヒチもパラダイス的ですが、もう少し多様な文化が交錯しているという意味で、長くいても新鮮な発見が続きそうだ!という意味で、相当期待してました(*2)。

(*2)フィジーやタヒチにも歴史はあるし、サマセット・モームの「月と六ペンス」やゴーギャンを語るまでもなく興味深い文化があります。野蛮といっているわけではないです、念のため。

●朝、通勤する人のカオ。みんな現実の中で生活していた

マドリッドで朝地下鉄に乗ると、人々はみんな険しいカオをしてました。あえて色にたとえると灰色。表情は厳しく、寒いせいもあってか必ずしも浮かれていませんでした。

バル(bar)にいっても、人々は予想以上にさわがない。みんな「はっはっは!」とか言いながら笑って飲んでいるのかと思えばそうでもない。歌い出しているんじゃないかと思いましたが、そうでもない。

しかも、道行く人々の服装などを見る限り、私の感覚(=全く当てにならない)では、おしゃれ度、お金のかけ方ははるかに日本人の方が上で、マドリッドのそれは、だいたい北京と同じくらいだと思います。

カフェで話をしたウェイトレスやバルのお兄さんも「底抜けに明るい」というわけではなく、日々稼がなきゃいけないし、そこまで経済的に豊かではないけれども何とか頑張って生活してる、みたいな人の多くのスマイルが「底抜けに快活」といいきれるかといえば結構微妙だと思いました。「微笑みの国」であるタイでは、おそらく収入とかだと全然貧しいのに「微笑みが底抜けに快活」である場合があり、本当に感銘を受ける場合がありますが、そういった衝撃的な体験はありませんでした。


町のテンションとかは、確かにバルセロナの一角とかは銀座みたいに賑やかだったりします。ピカソが青年時代に足繁く通った「クワトロガッツ」(四匹の黒猫)というカフェがあったり、なかなか「芸術的にハイセンスな都市」という面もあるのですが、やはり全体としては、「人々は日々現実と向き合って暮らしている」ということを肌で感じました。

旅行に行くと異文化に触れてすごく刺激を受けるし、それが大好きなのですが、みんなそこで現実と向き合って生活してる。だから、仮に自分が海外にいってもその現実から逃れられるわけでもない。むしろ、そこに向き合うことも含めて異文化なのであって「異文化楽しかったねー、じゃんじゃん」という単純なイメージどおりに話はおわらないのだ、なーんて思いました。

●おまけ~スペインワイン~

やはりヨーロッパといえば、ワインの本場であり、スペイン人も結構色々とうるさいのかと思いましたが、全然違いました。バル(bar)では、せいぜい白ワインと赤ワインが2~3種類ずつかな。しかも、別に魚介類に赤ワインを合わせてみたり、肉を白ワインで合わせたりするし、「とりあえず、ワイン」という感じでした。フランスやイタリアはわかりませんが。これは、「とりあえずワインがあれば楽しめるスペイン気質!」というとらえ方もできますが、経済的に必ずしも裕福でないことなども影響しているのかも。そういうと、「やっぱスペイン人はワインなら何でも楽しめて、さすがだねー」なんていう気軽なコメントでは、ちょっとずれているのかなーとか思ってしまいます。


このような経緯から、私の中での「楽園スペイン移住計画」は軌道修正するかもしれません(でも、やはりバルセロナは魅力的な都市なので、やはり実行するかも知れませんが。)(・・;)
まあ、それを割り引いてもすごく刺激的な旅だったし、いろいろ感じることがありました。もうこの旅行の時間が戻ってこないと思うとやはり切なく、それだけに旅行の1シーンずつがとてもかけがえのないですが、そんな時間を過ごせたことに感謝してますw
[PR]
by sipoftip | 2007-12-17 02:42 | 旅行

サグラダ・ファミリアで考えてみた(その3)~スペイン逃亡記⑨~

(その2のおまけ)

ちなみに,サグラダ・ファミリア

街の中にどかんと建っているので
見晴らしよいです。

しかもこうやって鳴る教会の音が
妙に神秘的に聞こえました↓




実はメインの塔は中も入れて,結構高いんです↓


e0117054_111836100.jpg



(おしまい)
[PR]
by sipoftip | 2007-11-13 11:19 | 旅行

スペインで闘牛を見てみた【その2】@Las Ventas in マドリッド~スペイン逃亡記③~

(前回の続き)


 マタドールと黒牛の勝負がつくとこんな感じ↓

 

 

 そして,退場します↓はじめは,無惨な姿にびびりました。やはり人間って,
 残酷なのでしょうか,それでもみんなエキサイトしてます(若干自分含め)。



 一刺しでしとめた場合,英雄扱いです。

e0117054_0464979.jpg



⑤番外編

 見ててすごいとおもったのは,黒牛が赤いマントだけに
 猛進していくこと。人間には行かないこと。
 
 闘牛という(基本的に)殺されるゲームのために生まれたときから
 調教を受けるのか
,などと思いも巡ります。

 でも,闘牛士(マタドール)も負けるときもあり↓
 こういうアクシデントがあると会場が歓声に沸きます!
 

 
 
 3回以内に刺し殺さないといけないみたいなルールがあるみたい。
 結局死なないと,↓な感じで白ウシが出てきます。結構可愛い。
 

 

 はじめ見たときはすげーびびりましたが,この白牛に誘導されて
 死ななかった牛は退場しちゃいますw

 こんなに面白いと思わなかった!というのが第一の感想です。
 会場には,根っからの闘牛ファンのような人もいてなかなか白熱します。
 
 格闘技もある意味バイオレンスへの興奮がその魅力なんでしょうが,
 闘牛の場合,「死」がリアルに迫っており,いってみれば,目の前で 殺戮が行われているわけです
 それがこんなにもショーを白熱させているのではないかと。
 
 闘牛に特に宗教的な意味はなく,スペインの文化的なものだそうですが,
 何故このような祭り?儀式?が行われるようになったのか,いまいち良く分かっていません。

 
 
[PR]
by sipoftip | 2007-11-02 00:51 | 旅行

スペインに逃亡してました(その1)

連続で明け方まで働き,休暇中に発生する仕事の対応
のバックアップ・引き継ぎを手配して,
金曜のぎりぎりまで仕事してました・・・

やっと出発!

本当にぎりぎりまで仕事をした(せざるを得なかった)
し,財布をなくしたり携帯が死亡したり,まさにジャグリングで
生活していたので,結構カラダも限界ですが,抜け出せるって最高♪

それでは行ってきま~す!

*   *   *


という投稿をしようと思いましたが,時間がなくて出せず
帰ってきてしまいました・・・・(・・;)

今回の旅程はざっくりと末尾に示してみました。

旅行の時は,観光名所をめぐるよりも,
カフェで街ゆく人を観察したり,他の旅行者・現地の
人と仲良くなったりする方が好きなので,基本的にのんびり
ペースです(↓こんな感じ

e0117054_2385828.jpg


でも,こうやって書くと随分色々良かったなーと思う旅行も
こんなもんだったか・・・・と思って若干寂しくもあります。

色々と書いてみたいことはあるのですが,どうせ週明けから
仕事に忙殺されて更新が滞ることが予想されるので,
思い出すように,ポツポツと書いていきま~す。

<ざっくり旅程>

●マドリッド
↓<イベント>
 ・フラメンコ
 ・闘牛
 ・プラド美術館
 ・ゲルニカ 
 ・王宮
 <Cuisine>
 ・子豚の丸焼き
 ・イカ墨パエリア
 ・タパス巡り
 ・生ハム

★トレドに寄り道

AVE(列車)

●グラナダ
↓<イベント>
 ・アルハンブラ宮殿
 ・グラナダの夕日
 <Cuisine>
 ・鹿
 ・イベリコ豚
 ・その他典型スペイン料理

Avion(飛行機)

●バルセロナ
 <イベント>
 ・サグラダファミリア
 ・グエル公園
 <Cuisine>
 ・シーフード
 ・その他典型スペイン料理

●東京

こんな感じ。たまってる英会話の復習もやっつけますw

e0117054_2392216.jpg

[PR]
by sipoftip | 2007-10-21 02:40 | 旅行