<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

つれづれ-11月27日-


一喜一憂


悪いことじゃないと思う。



だって、その1回ずつのパフォーマンスを大切にしている現われだから。



一つ一つが積み重ならないと大きな結果が出ない。だから、一つ一つに拘って、その結果として一喜一憂するようなことがあっても、それ自体は全然わるくないと思う。



結果が出なければ思い切り凹めばよいし、結果が出れば有頂天になるのもよいと思う。



きっと、イチローだって、ココロのどこかで、毎回のバッターボックスが終わった後、一喜一憂しているだろう。



でも、一喜一憂する自分がいる反面、そうでもない自分もいることに気付く。



たぶん、その都度の結果よりも、全体として大きく行きたいところに向かっているか、ということが遥かに重要だと言うことが感覚的にわかってきたからか。




自分にとって何が大切かがシャープに分かってくるほどに、目の前の事象がはっきりと見えてくるようになる気がする。いかに目の前の事象が複雑だったり、困難だと思っても、シンプルに自分の軸に照らして対応を決めるしかないのだから。何が大切かってのは、もっともっとシャープに分かっていたいものだけど。そうじゃないと、揺さぶられる、揺さぶられる、ここがシャープだとどんな状況に置かれても相手の動きはとてもシンプルに見えることだろう。




思い切り一喜一憂する反面、全体として自分の芯から大きくぶれていないかどうかを冷静に見ている自分がいるような気がする。



そういう意味で、あまり何が起きてもどうじないメンタリティがついてきたかも。
例えば、「あなたはあと3日後に死にます。」といわれても、たぶん、あまり動じないと思う。わお、自分で言ってびっくり、でも本心。





どうも最近は妙にシャープかもしれません。




「前にやりたいことがあるっていってたよね?」



今日、ふとエレベーターで友人に聞かれた。



思いっきり声を上げたかったさ。「あるよ!」って。





深夜にエレベーターですれ違った別の友人



「あ、俺、移籍することになったんだ。まあ、引き続きこのビルだけどよろしくねー」




何故か人嫌いで有名な彼だが、僕らは何故か普通に世間話をする。人嫌いな彼にも一角の日と恋しさはあるのかもしれない。



そっか、移籍か、周りの世界もいろいろと動いているんだな。


それはそうと、人が個人的に重要な意思決定をしたとき、それを僕はリスペクトしたいといつも思う。それは散々悩んでやっと達した個人の価値観と経験が集約された結果だと思うからだ。そういった決断といういっぺんの行為からその人の人生の少し深いところが垣間見える気がする。


決断と言えば、この間、国際政治からサイエンティストに転進するといったとっても面白い先輩がいた。何がそうさせたの?とメールを送ったら、とてもその人らしい返事が返ってきた。決断は時として明確な理由があるわけではないけど、その都度の出会いに大きく左右されたみたい。でも、出会いに呼応する何かが自分の中にあったんだろう。その何かを準備しながら、「出会い」にゆだねる、そんなPlanned Happenstanceを実践しているようなライフだな、と。


ある意味、仕事もけっこー忙しかったし、取りとめもない日々だと思ってつれづれ書いてみましたが、まあ、こんな日があっても良いかな、と♪静かに燃えています♪♪



e0117054_492989.jpg

[PR]
by sipoftip | 2008-11-28 04:24 | 雑感

都会の蜃気楼-11月23日-




カタカタとPCを動かす手が自然と止まる。


ふと血液の流れがゆっくりになる、そんな感覚を覚える瞬間。







e0117054_033370.jpg




トーキョータワー、ヒルズ、フジサンが見えます♪
[PR]
by sipoftip | 2008-11-24 00:46 | 雑感

さて、今日も -11月22日-


最近、ばたばたしているのが続いたので、さすがにちょっとリズムを崩してました。今朝なんかこんな感じ↓


e0117054_13381614.jpg


                   ―Istiklak Street, Istanbul, Turquie―

そこに、こんなメッセージが。


"At that time, I was stressed and guess so you are. Hung in there. Coming several months are very inportant for coming years."



何の利害関係もなくこう言ってくれる人が周りにいるってこと自体が素晴らしいっ!さっ、Cheer upしていきまーす♪
[PR]
by sipoftip | 2008-11-22 13:47 | 旅行

Ürgüp-11月21日-



朝霧の中、歩く道端からふと見上げると、目の前には葡萄が。


ささやかだけど、心地よく、暖かいサプライズに溢れた街でした。



                       ―ユルギュップ@Turquie―



e0117054_1252032.jpg

[PR]
by sipoftip | 2008-11-22 01:31 | 旅行

鳩の群れに飛び込む-11月13日-



あえて説明するなら、鳩の群れに飛び込むとどうなるかを見たいからこうなってるはず。


でも、彼はそんな客観的な分析をしながら走っているわけではなく、
単にわくわくしているからだろうなあ。


きっと、後から分析してその原因がわかったときよりも、飛び込んでいるときの方が生きているに違いない。目が輝いているから。


よい意味で成長したくないところ。


「大人」になるほど、そういった理由もなく「ココロの向くまま」、いや、ココロすら反応する前に既に一歩がでている感覚は持ちにくいものだ。

e0117054_3442591.jpg




「じゃあ、気をつけなきゃ!」とかつての僕なら終わらせてしまいたいところ。



でも、ふと立ち止まる。



確かにそれはとてつもなく重要だ。でも、何でも直感とかココロとかいっていたら、それは思考停止ではないか?



つまり、それは現状への自戒やアンチテーゼとしての意味は持つけれど、そのスタンス自体が「現状」に左右されているようで少し気に入らないかも。



写真の少年のように飛び出すこと、そのわくわくを他の人を巻き込んで行う場合はどうだろう?


そっちの方がよりわくわくするかもしれないけれど、「好奇心が反応した」だけではどれくらいの人にわくわくが伝染するんだろうか。


そこで左脳と右脳が体と交錯するんだろう。


そういった形に少しずつ価値観が変わりつつあります。今感じるに、わるい変化じゃあないと思う。
[PR]
by sipoftip | 2008-11-14 04:02 | 雑感

ささやかな喪失と解毒-11月12日-



ちょっと、今日はシュールなことがあったけれども、
それについて考えると迷宮に入りそう。

人のつながりって、どんなに弱くても、薄くても、存在する場合には、
それが残ったまま風化するもの。

活性化されていないけど、いざとなれば活性化させることができる
つながりは沢山あるし、それは一つのアセットだと思う。

逆に、つながっていて、きっと、もう一度活性化させることはなかなか
難しいだろうなあ、と思っていても、それは死火山のような人脈として
僕の中に残っていることもある。

それは、枯れて、干からびてしまった植物の化石か、または砂でできた
城のようなもの。触るとすぐに壊れるけれど、触らないから形あるものとして
残っているのだ。

おそらく、これらは僕にとって大切なものではないのだろう。
大切なら、いつか活性化できるように試みているはずだから。

ふと、今日、そんな枯れたつながりの一つに触ってみた。

すると、ぼろぼろと崩れ落ち、跡形もなくなってしまった。

別に大切なものではないし、特に失うものはないけれど、それでも喪失はシュール


まったく別のところで、ワクワクすることも進んでいるので、
何とかそれでCheer Up!


そもそも関係ないはずの他のことにまで悪影響が出てしまいそうなので、
こんな感じで寝てしまおうと思います。

起きたら解毒されていますように。

e0117054_174854.jpg


*恋愛ネタではありません!!
[PR]
by sipoftip | 2008-11-13 01:38 | 雑感

ゴミ箱からのインスピレーション-「悩む」と「考える」-11月7日


「考える」と「悩む」は、似ている分だけ区別が難しいが、
僕の中でのイメージはこう↓


「考える」とは、①収集された情報の整理、②整理された情報
の分析とシュミレーション、③それに基づく意思決定までの
一連のプロセスに分けられるイメージ

「悩む」とは、通常必要な時間を超えて意思決定に要した状態を
いうイメージ。あるいは、本当は必要な①整理、②分析の作業を
すっとばしている場合にも起こる現象という印象だ。



これを前提にすると、「悩む」ことは時間の無駄で、その時間を
なるべく短くした方が合理的かもしれない。

両者はとっても似ているので厄介だ。

でも、自分がいま上記①から③のどのフェーズに
いるのかをもう少し上手く意識して自分をマネジメントできれば
よいかもしれないと感じる、今日この頃(・・;)




ちなみに、「迷う」とは、「悩む」とは結構似ていると思う。
でも、「迷う」は、時として様々な選択肢にイマジネーションを馳せる
贅沢な時間を意味する場合もあると思う。両方に魅力を感じているから
迷うのだ。

パスタにするかピザにするか、
チョコレートケーキかモンブランか、赤ワインか白ワインか・・・・
からどうキャリアを進めて、どうカードを切るかまで。

これを意識的に楽しむのは、ある意味でとても贅沢だ。




ただ、いずれにしても、「悩む」(or「迷う」)ときには、自分がそのモードにはまっていることが多い。だから、「考える」ことと区別するためには、別の角度から自分を見ないと。さしずめ、プレーヤーでありながらコートを俯瞰するロナウジーニョのように(・0・)。


まあ、でも、良く分からなくなったら、とりあえず笑い飛ばしてしまえばよいんじゃないかな。

こんな風に↓

e0117054_1263466.jpg

[PR]
by sipoftip | 2008-11-08 01:27 | 雑感

Optionのコストとトマト-11月6日-



It is always good to have options.


悪くない。Optionを持つことでいざというときのリスクがヘッジできるから。
でも、ときとして、Optionをキープするためにかかったコストがその陰に隠れてしまう。

おそらくこれは僕の天敵の一つ。意識的に気をつけなくては。

とりあえず、トマトでも食べるか。



e0117054_131628.jpg

[PR]
by sipoftip | 2008-11-07 01:32 | 雑感

11月4日




はじまりはここから。





Barack Obama 2004 DNC Speech





いや、正確にはカンザスの裏庭から、さらに厳密には、おじいちゃんが大きな夢を抱いてアメリカに来たときから始まっていたのかもしれない。



そして、今日、11月4日

Barack Obama Acceptance Speech November 4 2008 Grant Park,
Chicago Illinois PART 1








彼が街に来てから兄は変わったの。兄は自分だって大学にいけるんだって思って、目を輝かせていたわ。

これで息子に胸を張って伝えられるんだ。お前も頑張ればいつか大統領にだってなれるんだ、ってね。



様々なところで語られたであろうコトバたち。遠くから、映像を通してだけど、彼らの中にあるものに少し触れることができた気がした。すごく価値のあるものが含まれていると感じた。今回の選挙に限らず、きっと、それは様々な表情をして、僕の周りにも色々なところに現われているだろうけれど、どのような形であっても、どのような角度からであっても、こういったものになるべく触れられるように生きていきたいなあ、と。

目の前に様々な選択肢が転がっていたり、色々なロジックが溢れているけれど、シンプルで、だけど、ぶれないモノサシを改めて確認した、そんな歴史的な11月4日。
[PR]
by sipoftip | 2008-11-06 01:53 | 雑感

確率の対価-11月1日-



うーん、旧友や昔お世話になった人と会える楽しみにしていた久々のイベントがあって、楽しみにしていたのだけれども、ちょっと参加できず。自分も会うのを楽しみにしていたのみならず、向こうのみんなも僕に会うのを楽しみにしていてくれた(はず、笑)なだけに、非常に残念だ(><)。

症状の改善効果はあるか分からないけれど「あった方がよい」治療のために多額のオカネを払うかのように、今回のこのイベントをキャンセルする形で時間を捻出してしまった。確率の対価は高く、そして必ずしも効果が見えないことがズキズキする。イタイ(・・;)

マネージャブルであるべき性質の事柄で、こういうことを起こしてしまうと、自分の能力のなさに自己嫌悪気味になります。

でも、リソースは限られているので、何とかその場その場で自分が正しいと思う形でカードを
切っていくしかないのだな、と。

本当はあまりこういうエントリは好きではないのですが、ココロに刻むために(++)


e0117054_283974.jpg

[PR]
by sipoftip | 2008-11-02 02:09 | 雑感