カテゴリ:音楽( 5 )

Muzzle-10月23日-



きっと誰にでもあるもの




それは血肉になった音楽





その音楽が鳴っただけで、当時が蘇り、細胞の一つ一つが反応してしまうような、そんな音楽




きっと、父親にとってそれはBeatlesであり、母親にとってのそれはユーミンなような気もするけれど、きっと僕にとって、Smashing PumpkinsのMellon Collie and Infinite Sadnessというアルバムがそれに当たるかな、先日、Youtubeでたまたま見つけてしまって、すっごく細胞レベルでエキサイトした。


ウィキペディアによれば、「a symbol of the cycle of life and death」ゆるいコンセプトになっているとのこと。

Mellon Collie and the Infinite Sadness is a loose concept
album, with the songs intended to hang together conceptually
as a symbol of the cycle of life and death
.[8] Billy Corgan
has said that the album is based on "the human condition of
mortal sorrow
".[13] The sprawling nature of the album means
that it utilizes several different diverse styles amongst the
songs, contrasting what some critics felt was the
"one dimensional flavor" of the previous two albums.[1]



たぶん、誰しも経験することなのかもしれないけれど、小さなときから死というものに敏感だった。

死とはコンセプチュアルなようでいて、とても身近。日常生活の中でも、すべり台とかで、「あ、ここでこうやって落ちたら死ぬんだ。そしたら、どうなるんだろう。」とかよく思っていたし、その頃はすごく純粋だったからか、死というものを自分なりに深く深く感じていたような気がする。

死というものをはじめてリアルに認識したとき、はじめはおびえ、逃げようと考え、何かアウフヘーベンできないかと模索したりしたけれど、結局、逃げられない。そこで、諦めるのか、限界の中で何かを求めるのか。求めた先に待っているものリストから死をはずすことはできないのだけれど。

でも、よくよく考えたら、仮に今死ぬとしても失うものは自分だけじゃないか。悲しむ人はいるかもしれないけれど、それは死んだら僕の世界からは消えてしまう。そして、ほとんど人生を生きていない僕は、結局、死んでも自分以外を失わないかな。じゃあ、あまり失うものはないってことか?

てことは、自分は、ほとんど生きていないじゃないか。命に代えるほど大切なものもない。そうすると、仮に僕が死んでしまっても失うものはないんじゃないか。

でも、それってちょっと悲しいかもしれない。少なくとも死ぬときに何かを失ったと悲しめるほど何かを得たいなあ。何かリアルなものを。

ピュアだった(・・+)小学生の低学年時代、死の恐怖感を感じながらも、ぼんやりとこんなことを考えていた。それがいつしか、恐怖感は日常に流され、忘れ去られていく。人はそれを成長と言う。


でも、日常の過程で表には現われないものの、どうやらそのときの感覚は僕の細胞に鋭く切り刻まれているらしく、死というものが身近に感じられるという点において、あまり成長はしていないようだ。

そんな折に、出会ったのが、このアルバム。


アルバムは、

①Dawn to Dusk

②Twilight to Starlight

という2枚アルバムで構成されていて、これで夜明けから星明かりまで、一日のサイクルが、まるでreincarnetion(輪廻)のようにカバーされている。


Rockなのに、こんな綺麗なイントロで始まり、




そして、曲はDawnからDuskまで、とてもMelancholicというよりは、Mellon Collieなものがちりばめられている。


そんな中、ウォークマンでこの曲のイントロの歌詞を聴いたとき、背筋がすごくぞくっとした。そして、何となく、何かわからないけれどとても大切なものがその歌の言葉に隠されているような感じがして、歌詞の英語が聞き取れるまで、何度も何度も聴いてみた。それがmuzzle↓




(つづく)
[PR]
by sipoftip | 2008-10-24 02:27 | 音楽

Englishman in New YorkとUnion(その2)-5月6日-

前回の続き・・・・


2.次に、Union

Black Eyed PeasのUnionはこちら


Englishman in New Yorkはわりと聞き取れるものの、
はっきりいって、こちらの歌詞の聞き取りは、結構難しい(++;)

まず、この曲の冒頭にインタビュー場面がある。

南アフリカの障害児に対するチャリティ・コンサートをやったみたい。この援助に対して聞かれた際に、

「This is special thing for us, coming south africa, performing
in front of them, 4000 people, free concert, peole in public street areas」


(これは僕たちにとって特別なことなんだ。南アフリカに行って、4000人の前で演奏して、しかもそれがチャリティーだったんだ・・・)

と回答した後に、

「You know it is very important to me to be able to give back to what was given to me.」


と答えた。自分に与えられたものをこういう形でお返しできるってことは僕にとってとっても
重要なんだ、ということ。これに続いて、

「This kids out there, have no way out of the situation. Maybe they need to be surrounded by people that made their dream come true」


とあり、こういった子供たちは、今の状況から脱する術がないんだ、きっと、彼らこそ、夢をかなえた人々に囲まれるべきなんじゃないかって思うね、という意味(だと思う。)



わお。ここまで赤裸々にテレビの前でこういったことを言えるミュージシャンって、あまりいないような気もする(仮にそういうキャラを演じたとしても・・。)。

インスパイアされるなあ。こういったことを本気で思って、南アフリカでフリーでコンサートをしてしまう。本気で、そういった国の子供たちに夢を与えたい、というつもりでやっているのだろうか。

成功のカタチには色々あるんだろうけど、アルバムが●枚売れました!チャートで●位になりました、というような「他人にわかり易い方法での自己確認」に満足せず、もっともっとモチベーションの源泉になっているものがあるのかな、と思った。

もともと黒人のルーツはアフリカにあるって教わっているかな。だから、「夢を与える子供」として
アフリカの子供を選んだのだろうか。

いずれにしても、自分たちが成功したら、そういった子供たちに夢を与えることが「最高にcool」という位置づけなのだとしたら、それはものすごく格好いい。

日本でそんなダイナミックなモチベーションをもっている人ってどのくらいいるのかな?

よく「日本を変える」とか、「業界を変える」そういった目標を掲げる人は結構いて、
それはとてもスケールの大きな目標で、みんなぜひとも頑張って欲しいのだけど、どちらかというと、単に抽象的に日本を変えたいといっている人よりも、↑の発言みたいな方が、もっともっと具体的でリアルで、それでいてとてもわかり易く、そして、少なくとも僕の心には響く。

しかもさ、楽しそうじゃない。


いずれにしても、そういった「超まじめ」なことを、臆面もなくテレビの前で堂々といえてしまう、これってアメリカ文化の特徴の一つかもしれないけど、アメリカのそんなところが結構好きです。




***

ちなみに、Black Eyed Peasは前作で、Where is the love?(楽曲はこちら。これも良い曲だと思います。)という曲をリリースしていた。

すごくざっくりいうと、「なんか世の中おかしいよね。Where is the love?」
というテーマの楽曲。これもものすごくまじめなテーマをこんな軽快に詠っちゃうのね、とただただ感心。

そして、「union」という曲は、この問いに対するメッセージなのかもしれないな、とちょっとシンクロ。


*****


というわけで、ちょっと歌詞を見てみます♪



(One for all, one for all)
(It's all it's all for one)
Let's start a union, calling every human
It's one for all and all for one
Let's live in unison, calling every citizen
It's one for all and all for one


↑は、「一人はみんなのために、みんなは一人のために」、というのが直接的な訳語になるのだろうか。

このコトバは、チームプレイのときに良く使われたり、古くからは三銃士に使われたりする。でも、この場合、one for allといったときのallってだれを指すのだろう?後の歌詞とかもみると「世界のみんな」を意味するんじゃないか、なんて思います。

世界のために、ひとりひとり生きているみんなは、何ができるのだろう?そんなく超まじめなテーマを真正面から歌っているように思うのです。



We don't want war- can't take no more
It's drastic time for sure
We need a antidote and a cure
Coz do you really think Mohammed got a problem with Jehovah
We don't want war – imagine if any prophet was alive
In current days amongst you and I
You think they would view life like you and I do
Or would they sit and contemplate on why
Do we live this way, act and behave this way
We still livin' primitive today
'Cause the peace in the destination of war can't be the way
There's no way, so people just be a woman, be a man
Realise that you can change the world by changing yourself
And understand that we're all just the same
So when I count to three let's change


ここは、ざっくりいうと・・・・今の時代って結構大変なときで、仮に預言者が生きていたとしても、彼らは同じように考えるか、理由を探求するかわからない。けど、いずれにしても、このまま生きるってことはとても原始的だし、戦争の行く末に平和って途はない、だからみんな変わろうよ、みんなで団結しましょ、みたいな感じ。

一歩間違えると怪しい宗教?とも思われるような歌詞、だけど、歌詞の中では「music」が宗教になれば、世界を一つにできるのに、と歌っている。


Got no time for grand philosophy
I barely keep my head above the tide
I got this mortgage, got three kids at school
What you're saying is the truth that really troubles me inside


ここからスティングのさびが始まる。ふたたび、みんな「戦争をやめて団結しようよ」みたいな崇高な理想を掲げる。けど、子供も3人いて、ローンもあったりする。だから、歌っている内容は真実だけど、それだからこそ心が痛む。なるほど、ここだと普段人々をしがらみに陥れているものがあって、だからみんなばらばらになっている、これがこの歌のテーマ、unionの対立軸なのね、とちょっと思う。

この子供3人とローンというのも結構リアル。「本当は世界のほかの人のこともケアしたほうがいいなー、だけど、普段の生活が・・・」という心境とすごくまっちする。

I'd change the world if I could change my mindIf I could live beyond my fears
Exchanging unity for all my insecurity
Exchanging laughter for my tears


最初の部分は、初めて聞いたとき、ぞくっとした。
「I'd change the world if I could change my mind」というのは、それだけみるとすごくいろいろな解釈が可能かもしれない。もし心意気を変えたら(「if I could change my mind」)、世界を救えるのかもしれない、ということ。

これは、仮定法を使っているところからすると、前の部分も受けて、いかに自分が世界を変えるのが難しいかということも暗に意味しているのかな?と思う。

一度自分の世界に慣れてしまい、そこで、家族や住宅ローンのことが自分のしがらみになってくると、すぐにmindを変えることはできなくなってくる。だから、みんな世界の他のことに無関心、だからこそ、mindをかえることで、世界を変えることができないのかな、というような振りも前提にあるのかもしれない。

mindを何とかchangeすることができれば、世界を変えられる、みたいなラインでもあると思います。



I don't know, y'all, we in a real deposition
In the midst of all this negative condition
Divided by beliefs, differences and religion
Why do we keep missing the point on our mission?
Why do we keep killing each other, what's the reason?
God made us all equal in his vision
I wish that I could make music as a religion
Then we could harmonise together in this mission

Listen, I know it's really hard to make changes
But two of us could help rearrange this curse
Utilising all the power in our voices
Together we will unite and make the right choice
And fight for education, save the next generation
Come together as one
I don't understand why it's never been done
So let's change on the count of one


宗教とか文化とかの違いとか言って、重要なものを見落としているんじゃないか、結構難しいけど、音楽を通じてみんなまとまればいいのに、将来の子供のためにもそうしよう、まあ訳の意味としては、こんな感じでしょう。

前の記事にも少し書いたけど、「世界を変えなきゃいけないよね、でも現実には何もしてないよね。」という部分について、ホテルルワンダのワンシーンを思い出した。ルワンダの現況がテレビを通じて世界に放映されても、なかなか支援が集まらない、そんな状況に落ち込んだ主人公に対してある男が言うせりふ↓

They would say "Oh,it is horrible." And they keep eating dinner."

(彼らはその惨劇に驚くかもしれない。だけど,彼らは,そう言った後,
,また夕食に戻るんだよ。)


決して悪意はないけれど、自分の周りのこと意外にはなかなか意識を向けたり、さらに行動したりすることって難しいよね、ということをわりと端的に表した台詞と思う。

It takes one, just one
And then one follows the other one
And then another follows another one
Next thing you know you got a billion


ここは、意味としては、一人が協力して、もう一人がそれに続いて、そしてそうやって続くと100万人のチカラになる、という流れ。この韻の踏み方、かなり好きです。初めて聞いたとき、わお、と思いました。


People doing some wonderful things
People doing some powerful things
Let's change and do some powerful things
then you could be a wonderful thing


ここも気持ちよく韻を踏みながら歌が終わっていく。

***

映像のクリップにはネルソンマンデラ(と思しき人)も登場。

くそマジメな歌詞と共に、「Love&Peace」を標榜しているバンド、ということで評価が分かれるかもしれないけれど、僕自身は結構好きです。

わりと歌詞が面白かったので、ちょっと見てみました。

(おしまい)
[PR]
by sipoftip | 2008-05-03 01:50 | 音楽

Englishman in New YorkとUnion(その1)-4月29日夜-




僕はスティングも好き。そして、それと同じくらい、Black Eyed Peas(ブラック・アイド・ピース)も好き。

実はスティングの楽曲では、「Englishman in New York」という曲が一番好きなのだが、
Black Eyed Peasは「Union」という曲でこれをアレンジしている。

Englishman in New Yorkを書いたスティングもすごいと思うけど、Unionを聞くたびに、
どういうインスピレーションを得たら、こんなアレンジできるんだろうと思う。


1.まずは、Englishman in New York


まず、Englishman in New Yorkから、ちょっと歌詞を見てみた。

ちなみに、Englishman in New Yorkは↓でどうぞ♪

・クリップだと、ここ


・ライブだと、ここここ






************

曲は、全体として、「(I am )Englishman in New York」というテーマで貫かれている。
もちろん、ホームシックというのあるかもしれないけれども、そういった「寂しさ」では表現しきれない感情が詠われている(と僕は思う。)

ひょっとして、本当の気持ちは「誇り高き英国紳士」にしかわからないのかもしれない。

でも、別の国にいて外国人(フランス語だが、「エトランゼ」と言った方がここではしっくりくるかも)になっているときには、多かれ好くなかれ、似たような気持ちになるのかもしれない。


例えば、↓をみてみる。



I don't drink coffee I take tea my dear
I like my toast done on one side
And you can hear it in my accent when I talk
I'm an Englishman in New York

See me walking down Fifth Avenue
A walking cane here at my side
I take it everywhere I walk
I'm an Englishman in New York


「Englishman」であるという描写(トーストは片側しか焼かない、
coffeeよりもteaを飲む、杖を持って歩く)と、「in NY」という描写(「Fifth Avenue」とか、)
が交互に現れる。こうした細かい違いって、はじめて聞いたとき、なるほどねー、って思った。
次に紅茶を飲むときは、英国紳士を思い出しながら飲もうw

(*)杖(a walking cane)は「typical symbol of gentleman」なんだとか。

次にここ↓

If, "Manners maketh man" as someone said
Then he's the hero of the day
It takes a man to suffer ignorance and smile
Be yourself no matter what they say

Modesty, propriety can lead to notoriety
You could end up as the only one
Gentleness, sobriety are rare in this society
At night a candle's brighter than the sun


「Manners maketh man」は「礼節が人を作る」と訳されることもあるけど、
「Manners maketh man」の文化の中で、謙虚さ(Modesty=humble)、礼儀(propriety)、紳士であること(gentlenss)があってはじめて評価(notoriety)される
ところにいて、でもNYにくると、勝手が違う、ということかな。

↓この部分は、楽曲の時代的にベトナム戦争にのめりこむアメリカを暗に批判している
という読み方も可能かも!?

Takes more than combat gear to make a man
Takes more than a license for a gun
Confront your enemies, avoid them when you can
A gentleman will walk but never run


特に「combat gear(武装の用具)」「license for a gun」とかじゃあ、(紳士になるのに)
足りないよ、ということの隠喩だとか読めるかも?

「Confront your enemies, avoid them when you can」「A gentleman will walk but never run」という部分は、泥沼化したベトナム戦争におけるアメリカを暗に示唆していると読むのはちょっと深読みか。

単なる文化の違い(特にイギリスのめがねで見たアメリカ)という観点からも、結構面白いかな。

ちなみに、突然異文化に入ったときの孤独や、それ以上の複雑な思というのは、どの国の人にもありうること。そんなこんなで、アレンジが結構沢山ある。いずれも結構面白いです。


Shinehead-Jamaican in new york


Un Africain A Paris


Iranian in UK


関西人 in Tokyo 



さて、このテーマがUnion」では大きく姿を変えます。これについては次回アップしまーす。
[PR]
by sipoftip | 2008-04-30 02:13 | 音楽

小さな巨人+JAZZピアノいろいろ-4月27日-




実は結構JAZZ好きなワタクシ


一番好きなピアニストは?というとこの人だろう。

Michel Petrucciani

ミシェル・ペトリチアーニと読む。


***

たまたまあるカジュアルなフレンチレストランで、この店の音楽は結構好きだなーと思っていて、ふと店内のディスプレイに目を移していたら、「Thank you thank you!!」と映像の中でお辞儀をしている彼がいた。


正直、そのとき目を見張った・・・どうしてこのカラダからこんな音楽が出てくるのか。別に「障害にもかかわらず」という部分を強調するつもりは全くないし、それは失礼にあたるかもしれないから何ともいえないけど、とにかく、その映像を見たときは、少なからず衝撃を受けた。

ウィキペディアによれば、

Michel Petrucciani came from an Italo-French family with a musical background. His father "Tony" played guitar and his brother Louis played bass. Michel was born with osteogenesis imperfecta which is a genetic disease that causes brittle bones and in his case short stature. It is also often linked to pulmonary ailments. In his early career his father and brother occasionally carried him, literally, because he could not walk far on his own unaided. In certain respects though he considered it an advantage as it got rid of distractions, like sports, that other boys tended to become involved in.

ということみたい。先天的な病気なんですね。

演奏は、例えば、↓あたりをご覧いただければなーと思います。

September 2nd


PIANO - SOLO - NEW YORK


******

ウィキペディアによれば、コンサートでは父親とかにピアノ台に運んでもらって演奏し、演奏後、
自分ではピアノの椅子から降りられないので、再びステージの外まで抱えられていたみたい。

(それでも、)フランスで一番のJAZZピアニストと評されているし、プライベートでも結婚もしていて、子供もいたようだ。

実際には36歳で他界しているけど、医者からは20歳くらいまでしか生きられないと告げられていたみたい。彼の内面の葛藤があったのか、それがどのようなものだったのか、よくわからないけど、何故ここまで明るい音楽が紡ぎだされるのか。

彼のストーリーを思い出し&音楽を聞くたびに、自分の悩みなどいかにスケールが小さいんだろうと思う。

とっても小柄ではあるけど、知れば知るほど大きな巨人にみえてきます。



ちょっと考え方や人間が小さくなるようなとき、彼の音楽を聴いて、心を落ち着かせるようにしてもいいかも。


***********

ビルエヴァンスとかも好きなのですが、ミシェルの方が全体的に気分が明るくなるし、
ハービーハンコックとかはちょっと演奏が優等生過ぎるかも、という印象を受けて以来、
あまり聞いていなー。



ちなみに、日本人だと上原ひろみ。特にこの曲を聞いたときは結構、衝撃だったかも。

ちなみに、友人が昔彼女と連弾とかしていたようなのだが、やはり昔から半端なかったみたいだっ、そりゃそうだって(・・)


**********


もう一つ、JAZZといえば、うちで研修していたカナダ人弁護士とJAZZ好き国際公務員とで
こんなところ↓に行ったかも。そうそう、この夜です。

サテンドール


演奏のレベルはすごく高かった。どちらかいうと、うちの両親くらいの年代の方が、
お洒落して「お出かけ」で来ているような場所。

うちの両親にも勧めてみたい場所だ。今度会ったら、それとなく教えてあげようw
[PR]
by sipoftip | 2008-04-27 15:18 | 音楽

Piano Man~Billy Joel~

Billy Joel,Piano ManのTipsです。

この歌,わりと古いけれども,すごく好きです♪

でも,この間の金曜日,もっと好きになりました。

こちらで動画付で聞けるはず↓

"Piano Man



金曜日は,外国からの研修生のラストデーだったため,
何故か?2次会でカラオケに。そこで誰かがPiano Manを歌っていた。
隣に座っていた英会話の先生が

この歌知ってる?

あー,かなり好きな曲だよ!

でも,歌詞の意味,全部分かる?

んーー,そこまで深く考えたことないかも。。。。

Well, you've got ta picture the scene!

と真顔でいってきた。「ちゃらい外国人」の典型のような彼。
酔っているのだろうか,割とまともに話しかけてきた。

「日本じゃあまりないけれど,アメリカだとみんなバーにいく。
そして,知らない人(stranger)と話すんだ。
職業なにやってるの?とか色々とね。


この曲,聞いてみなよ。いろいろな人が出てくるでしょ。

・TonicとginでMakingLoveしている老人
・奥さんとの時間も殆ど持てない売れっ子小説家
・政治を語る(practicing politics)のウエイトレス

とか色々ね。ホント,バーには色々な人が来るんだ。

俺は日本に来たとき,友達がほとんどいなかった。
英語の先生として,網走で教えてた。網走だよ?いいところだけど,
そういったバーはなかった。

でも,それでもやっぱり「バーみたいなところ」はあって,
しょっしゅう出かけてた。

勿論,ピアノとか楽器は置いてないけれども,古びれた
スピーカーが鳴っててね。そこからこの曲が流れてきたんだ。

やっぱり網走で,生活もそんなに充実してなくて,
何か満たされなくて,ホームを思い出してバーにいってたんだ。

Yes, they're sharing a drink they call loneliness
But it's better than drinkin' alone


この部分を聞いたときに本当に泣きそうになった。

「'Cause he knows that it's me they've been comin' to see
To forget about life for a while

そう,いまでもこの曲を聞くと,網走のときのことを思い出すよ,と。

**************

そういえば,前にAUSに帰って行った外国の研修生も同じ歌を歌ってたっけ?

若いけど,古い曲も聴くんだ,とか思っていただけだったけれど,
英会話の先生のその説明を聞いて,なんでみんなその曲を選んでしまうのか,
ちょっとだけ分かった気もした。

これってきっと,日本人の自分には本当にはわからない気持ちなのかも知れない。
今日本にいると,その気持ちをリアルに感じることは難しいかも知れない。
でも,周りにいる他の外国人の研修生や弁護士の場合,少なからずそう感じることも
あるのじゃないかと。

そういうものがこの曲には詰まっていて,そういう人の琴線に触れている,そういうことを
メモに残しておきたくて,このエントリをしました。

歌詞は↓

http://www.sing365.com/music/lyric.nsf/Piano-Man-lyrics-Billy-Joel/C76FF1FBFBE36421482568700017360F

ちなみに,これを機にビリージョエルを見てみたら,ユダヤ系なのは知らなかった。。

さらに,意外だったのは,

「しかしながらこのアルバムは、所属レコード会社による勝手な判断で録音
テープの再生速度を上げられてしまい全く別人のような歌声で発表された。不本意な
内容の上ヒットにも至らず、人間不信から鬱病が進行し自宅にひきこもりがちになってしまう。」
(「ビリー・ジョエル」wiki as of Aug 24,2007)

とか,デビューから随分と苦労を重ねているとのこと。

きっと曲と同じくらい彼も切なさを抱えていたのかな??
[PR]
by sipoftip | 2007-08-26 01:18 | 音楽