2009年 01月 12日 ( 1 )

米粒からのイマジネーション-1月12日-



いつも食べてる白いご飯。

この間、ふとした拍子に、茶碗にあるご飯の白い粒を見て、
すがすがしく晴れた日の田園の光景が思い浮かんだ。

もちろん、稲がどんな形をしていて、田園の風景がどんなであるかは
知っていたし、そこからどうやって精米になるかも知っていた。

だけど、その瞬間は何というか、目の前の米粒と田園の風景がつながったのだ。
頭でつながるんじゃなく、感覚としてすっとつながる感じ。

何というか、目の前にある白い米粒の一つ一つがぴちっとエネルギーを発して輝くものに姿を変えた。大げさにいえば自然の息吹を感じた、というところか。きっと頭の中に別々に保存されていたデータが何かをきっかけにつながったのだろうか。今までの人生で、これだけ米を食べてきてこんな瞬間が来たのは初めてだっ(・・;)

目の前にあるものが、イマジネーションでここまで変わるのかと、正直びっくり。
食を楽しむって事は、グルメなだけでなく、こういった瞬間に隠れているのかもしれない。

ただ、こういったイマジネーション、肉には使いたくないけどね(・・;)

e0117054_18321470.jpg

[PR]
by sipoftip | 2009-01-12 18:34 |