スタンディングバー-9月13日-

スタンディングバー



最近、ばたばたしており、かなり付き合い悪いヒト的なポジションをキープしているワタクシですが、職場のTomから「さっくり10時頃からいっぱい飲まない?」というお誘いを受けたので、さっくり飲んでみた。


お互いに家から近いところということで、恵比寿。


スタンディングバー、Nothing fancyで、最近のキャッチアップから始まる。
わりとTomとは価値観のずれ方と飛び具合が近く、似たような世界にいる奴だなあ、という感じがするので、なかなかぶっちゃけて話せる貴重な友人。とはいっても、さっくり、ざっくり、どうでもいい話も結構したのですが、まあ色々と(笑)。






で、それとは別にふと感じたこと。スタンディングバーって難しいよねえ、と思う。




普通のレストラン・バーだと、隣のヒトに話しかけることもないし、一緒に居る人とわいわいやるだけで楽しい。



でも、スタンディングバーって、知らない人同士が話してソーシャライズすることも想定されていて、バーにいるガイジンさんたちは水を得た魚のごとく、さくさくと会話領域を広げていく。



なんか僕も外国に行ったり、全員が外国人だったりすると、意外に一人でも渡り歩いたりして、今年の初めに上海に行ったときにも随分と色々な人に会えて面白かった。けれど、日本語だったり、周りに微妙に日本人がいたりすると、どうもそこまでの吹っ切れ?が出ないときもありし(++;)


もちろん、一緒にいるヒトと話しているのは楽しいのですが、どーもスタンディングバーに行って
周りのヒトと話さないと、なんか「そこにある可能性」(*)を活かしきっていない気もするような、
抽象的に消化不良みたいな感じになることがあるのです。まあ、もともと、シャイ出身なこともあるんだけど(++;)。



(*)別に女性関係のことを言っているわけではないですよ、念のため、笑



もちろん、ガイジンさんも、みんながスマートにやっているわけではなく、イタイ感じのヒトとかもいます。やっぱ小さく輪を広げるのはスタンディングバーならではの面白さだよね、と思いつつも、なかなかイタイ感じになってしまうのも微妙だなあ、と大したことのないリスクが気になったりしちゃうときもある。




はて、そんなことを言って、意外にさっくりソーシャライズしちゃうときもあるので、何とも言えませんが(笑)




色々な人がさくっと来ては離れ、交錯するスタンディングバー。

Pianomanにも

「Yes, they're sharing a drink they call loneliness But it's better than drinkin' alone」

という歌詞があったりもして、そういった小さな社交場であるスタンディングバーは、ささやかに人々の日々を「save」しているのかもしれない。

今回、スタンディングバーは最近行き交わないtomと僕との生活をクロスしてみる小さな舞台となったわけだけど、次に行くときは、もっとその場のもうちょっと不確実に広がる交錯を楽しむ舞台としてみようかな、を思ってみた帰り道、そんなTOKYOの23時47分。



e0117054_0503634.jpg

[PR]
by sipoftip | 2008-09-14 00:51 | 雑感


<< こっちの世界に来た若者のコトバ... 小さなつながり-9月9日- >>