目測を誤る



わりと仲いいと思っていた人(Kさん)がいた。
Kさんは、ちょっとキャリアに仕込みをしているらしい。

みんなと食事にしているときに、その話題になりかけて、さくっと話をそらされた。みんな一応、オトナなので、彼が言いたくないことは空気で分かったので、結局違う話題に。

その後、Kさんにこっそりと、メールで聞いてみた。

「で、(そのキャリアのために)今週末、何やるんですか?
教えてくださいよー。」


と若干砕けた感じで。帰ってきた答えは、

「お勉強です。」


の一行。もちろん、実現可能性が高くない段階においては、あまり人に言いたくないキャリアプランだってあるだろうし、その辺はもちろん分かる。

でも、自分として結構色々と打ち解けているつもりで、自分からはちょこちょこ話したりしていたし、そういうレベルで仲いいと思っていたので結構ショックだった(・・;)

もちろん、このブログでは、こちらに心を開いてくれた人とかも多くて、そういうつながりっていい!という趣旨のことを書いたりもしたけど、反対もときもあるんだなあ、と。

**

善意解釈してみると、キャリアのことって、結構みんな秘密にしがちかもしれない。

身近にも、いきなり政治家に立候補した人もいたり、ビジネスウーマンから国連職員になりますといって、突然会社をやめて留学した人もいる。

この二人も、

「実は・・・・・」

という形で公表まではまったく知らなかった。裏をかかれした。

そういう意味で、逆に僕みたいに、実現可能性もよく検討せずに(?→というわけではないのですが)キャリアについて、色々これやりたーい、とか書いたり、叫んだり(笑)しないのかなあ、と。

もちろん、キャリアだって何だって、意外性に欠けてるので「実は・・・」と公表してまわりを「あ!」と言わせた方が格好いい。だけど、オープンにすることで、アイデアが磨かれたり、アウトプットの段階で今まで見えなかったものが見えてくるとは思うのだけど。

そう、ともあれ、若干ですが、確かにショックを受けました。
そのKさんとの目測を完全に誤った感じ(><)まあ、それが本当かは今後の展開しだいですが。

まあ、こういう日もあるさ・・・・じゃ、今から夜行でスキーに行ってきます♪


******************

後日談

→その後、Kさんには教えてもらいました。でも、人との距離って難しいですね。でも、そんなに目測を正確に測るのって簡単なことじゃないと思うんです。大体の場合、微妙にずれていてもこれを顕在化させる出来事がないんでしょうね。

でも、刺激やインスピレーションをくれる人とは、できるだけ多く、距離を近めたいものです!
[PR]
by sipoftip | 2008-02-08 22:44 | 雑感


<< 週末にスキーしてみた~子供はす... ラボの破片 >>