「国際金融公社(IFC)で働く」に行ってみた~世銀PIP~

仕事の合間を縫って,世界銀行主催のキャリアセミナー

「国際金融公社(IFC)で働く」

に行ってみました。

以前のホームパーティーをきっかけに世銀に勤める方と知り合いになり,
プライベートでも一度遊んだことがあったのでひさびさの再会!

総じて良かったです。
非常に参考になりました。

①IFCとはどのような機関か?

→世銀グループの一つの機関として貧困の撲滅を目的としたプロジェクトへの
 融資を行う。主に民間企業を対象にしている点が,政府への融資を対象とする
 いわゆる世界銀行と異なるとのこと。

 ちなみに,日本もかつては世銀からの一番の借入国であり,日本復興のキーとなった機関で もあります。

②キャリアパス

→長期採用を目指すルートだと,社会人経験+大学院(主にMBA)
 というパターンが多いそう。
 
 弁護士もいるらしいが,やはり英米法ベース。
 おそらくトランズアクションロイヤーだと活躍の場が広いかも,
 と思いつつ,言語の壁は厚いか,といったところ。

 あとピュアな法律問題は外注しているんだろうな。

 やはり金融取引だとバックオフィス的な側面も強く,それは好みの問題だけど
 あまり好きではない。機関としては非常に魅力的だが,アプローチには
 一考が必要そう。

 弁護士を休止して,金融を勉強するってのも手だな,と結構思ってもみたり。
 でも他の国際機関も見てみよう。

③セミナーの参加者

 学生から金融機関,研究員,ジャーナリスト,コンサル
 など多岐にわたった。やはり関心がある人はあるのだろう。
 参加者も名刺交換とかしておけば良かった。。。。

Networkingってやつ?はじめて聞いたときは「勿体つけた名前つけちゃって!」
とか思ったけど,いざやろうとすると,大義名分ができて非常に便利ですw

ここで宣伝されていた


「国際協力キャリアフェア」

 
に行く予定です♪

(追記)
上記キャリアフェア,申し込みできず・・・・・遅かったか(><)
[PR]
by sipoftip | 2007-11-02 02:12 | キャリア/コトバ/ロールモデル


<< カナダ人から日本の警察の取調に... スペインで闘牛を見てみた【その... >>