Walts for Debby by Bill Evans

結構前に母親から珍しく,この曲オススメ!といわれて
聞いたのが

"Walts for Debby"by Bill Evans

確かに,すごくいい曲だな,と思ってipod!にも
入れてあったけれど,この間,仕事しながらたまたま
聞いていたら,突然心を打たれました。

一つ一つのピアノの音がとても切なく響いているのですが,
それよりも,それぞれの音の「間」が絶妙過ぎるからかも。

音楽って,最初に聞いていいなと思う曲も結構あるのですが,
この曲のように突然,心に入ってきて,捉えて離さないような
場合もあります。

特にクラシックに顕著な気がします。

曲とかも覚えて,それでだんだん違いが分かるようになって,
そこで初めて良さがわかる,みたいな。

人を好きになるパターンとか,勉強もある程度進んでくると面白い
というのもアナロジーで考えられそう。

あと,客体が一緒でもそれを感じる主体(=自分)のコンディションに
よっても変わるかな。どんなに面白い本でも疲れているとつまらなく思える,
みたいなこともあるし。

これから出会う未知のものからも,今まで出会ったものからも
こういう発見を繰り返したいものです。

PS
上記リンクは初めてHTMLを使って作成したので結構上機嫌です,はじめの一歩♪(笑)

ただ,リンクの作成とかHTMLのコードがわかりやすく書いたページとかご存じの方,教えてくれたら嬉しいです♪上記Youtubeへのリンクを作るだけでも結構苦労したので(笑)

あと,動画はそもそもYou Tubeから直接貼れないみたいですね。。。。(・・;)
[PR]
by sipoftip | 2007-08-29 02:52 | 雑感


<< ヴィンテージウイスキーと感動の感受性 手紙 by 生野慈朗・東野圭吾 >>